今日の30秒

今日の30秒〜 KYC 〜

現代人が1日に受ける情報量は、江戸時代の1年分であり、平安時代だと一生分
とも言われています。

今を生きる私たちは、それだけたくさんの情報を見聞きしています。
素通りさせているワードの中に、大切なのがいっぱいあるはずです。

数多く触れるワードの中で、本日特に、僕の目に留まった1ワード、を30秒(150〜200文字)で解説していきます。

本日のワード

KYC

はい。
先日書きました、IoTも知らなかった方からすると

なんじゃそりゃー!?

って感じになると思うのですが、僕も正直、KYCを聞いてピンときませんでした。

ご安心ください。
身近にあるものなので、直ぐに覚えられると思います。

もし、IoTがわからなかった方は、こちらもチェック♪

IoT ってなぁに?

さて、ウォーミングアップが出来た所で。

早速、見てみましょう!

〜 KYC 〜
本人確認をするためのシステムのことで、Know Your Customerの略称。
指紋静脈など、人間の体の一部を使って生体認証(本人をかどうか見分ける)を行う。
また、マイナンバーカードや運転免許証の画像を使うなど、オンライン上で行われる本人確認システムのことをeKYCと呼ばれる。

銀行や証券、仮想通貨や暗号資産の取引所の口座開設する際は、法律によってKYCが義務づけられている。

オンラインがより普及され、窓口に行かずに手続きすることが増えたという方も多いと思います。

僕自身も、証券会社の口座を開設する際に免許証の写真を撮り、送ったことを覚えています。
ただ平面だけでなく、少し斜めから撮ることにより免許証の厚みをチェックしたりと、わりと厳重だなと感じました。

スマートフォンでも、顔や指紋による認証でロックの解除している方多いと思います。
今では当たり前になりましたが、これって本当にすごい技術ですよね。

登録している右親指が火傷やケガしたらどうなるんだろう?
と軽く気になる時もあるのですが・・・
僕だけでしょうか・・・笑

そういった経験をお持ちの方は、対処法を教えてください。

さて最後に改めて。
何度か紹介させていただきましたが、2020年で1番面白かった本なのでご愛嬌を。
この本を読むことで、未来を想像し、予測することの大切さを知りました。

Uber Eatsのドライバーをされている方には、ちょっとショックが大きいかもしれませんが。
まだまだ時間はありますから、大丈夫です。
これ見て、面白かったら本を買ってみてください

2030年の世界地図帳

今日の30秒 ~ アメリカの大富豪 民間人だけで宇宙旅行へ ~前のページ

今日の30秒 ~ OTA ~次のページ

関連記事

  1. 今日の30秒

    今日の30秒 ~ Co2からコンクリート ~

    現代人が1日に受ける情報量は、江戸時代の1年分であり、平安時代だと一生…

  2. 今日の30秒

    今日の30秒〜ゾンビ企業〜

    現代人が1日に受ける情報量は、江戸時代の1年分であり、平安時代でいう一…

  3. 今日の30秒

    今日の30秒 〜共働きで、子育てしやすい街ランキング2020〜

    現代人が1日に受ける情報量は、江戸時代の1年分であり、平安時代だと一生…

  4. 今日の30秒

    今日の30秒〜封じ手1500万円〜

    現代人が1日に得る情報量は、江戸時代の1年分であり、平安時代でいう一生…

  5. 今日の30秒

    今日の30秒〜イベント規制緩和〜

    現代人が1日に得る情報量は、江戸時代の1年分であり、平安時代でいう一生…

  6. 今日の30秒

    今日の30秒〜ミレニアル世代〜

    現代人が1日に受ける情報量は、江戸時代の1年分であり、平安時代でいう一…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




  1. 今日の30秒

    今日の30秒〜縦割り110番〜
  2. 今日の30秒

    今日の30秒〜うどん鷄〜
  3. 今日の30秒

    今日の30秒 ~ ROE ~
  4. 今日の30秒

    今日の30秒 ~ アメリカの大富豪 民間人だけで宇宙旅行へ ~
  5. 今日の30秒

    今日の30秒〜食欲の秋〜
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。