おすすめの〇〇

【必見】屋久島・縄文杉を見るなら、絶対に日帰りしてはいけない6つ理由

日本で初めての世界自然遺産に登録された屋久島。
その中でも特に、人気なのが縄文杉

今もなお、多くの観光客がこの縄文杉を見るために世界中から集まります。
日帰りで見に行けるなど、気軽に行くことができるのですが。。。

僕は先日見に行き、絶対に日帰りで見に行ってはいけないと思ったのでその理由を書きます。

縄文杉って?

その前に、あまり知らない方のために縄文杉について触れたいともいます。
鹿児島県熊毛郡屋久島町(屋久島)のほぼ中央にあり、屋久島にある杉の中でも1番古いと言われているのが縄文杉です。

縄文時代から立っているから縄文杉

と思っている方も多いのですが。
※僕もそうでした

実際は、縄文土器の形に似ていることから縄文杉と呼ばれています。
岩川さんという方が発見したのですが、当時は大岩杉と名付けられたが、今は縄文杉で通っています。

1番古いとは言えども、正確な年数は出ておらず、樹齢2700年〜7000年という説まで。
樹齢の予測は幅広いです。

いや、どんだけ差があるんだよ!

と思ってしまいますよね。
簡単な縄文杉の知識がついたところで、本題の

日帰りで行ってはいけない

と思った理由を書いていきます。

①ハードすぎる

 

縄文杉を日帰りで行こうとすると、荒川登山口からの往復になります。

片道約11キロ、高低差700メートルの登山道を1日で往復することになります。

前半の8キロは割と平坦ですが、後半の2.5キロで400メートル登ります。
結構急な坂を登ることになります。
行きだけでも、4時間半〜5時間
これは、結構ハードですよね。

楽しみにしていた縄文杉に着いた時には、疲れ切ってしまいます。
屋久島は、かなり雨が多いです。
予定通り進まないこともあるでしょう。
ガイドさん曰く、途中で断念して帰る登山客もいるそうです。

時間と体力にはゆとりを持ちましょう。

②景色が同じ

1日で往復するということは、同じ景色を見ることになります。
距離の大半を占めるトロッコ道

このトロッコ道は片道約8キロ、往復だと16キロ。


この景色を見ることになります。

屋久島の山は、美しい景色

珍しい植物や動物、そして名物の

があります。
日帰りしてしまうと、どうしてもゆっくり見れないので、もったいないです。
どうせなら、ゆっくり見るのがおすすめ。

③人気のスポットや登山道で並ぶ

縄文杉を日帰りで登るためには、屋久杉自然館からバスで出発の登山口 まで移動することになります。
朝6時ぐらいのが最終になるので、登山希望者はみなさんこの時間に集中します。

なので登山道は基本並ぶことになります。
もちろん登山道は広くはないので、下山客とすれ違う時はお互いに気を使わなければなりません。

日帰りで急いでいるところですから、余計に焦りますね。

人気スポットも同様です。

大人気のウィルソン株

中から見えるハートも、写真の角度が大切なので、少し時間が必要です。

個人的には一番好きな大王杉も。

人が多いとゆっくり見れません。
ゴールデンウィークを始めとする観光シーズンは、特に混雑します。

せっかく屋久島まで来て、目の前の自然に満たされることなく、慌ただしく帰ることは・・・
ひつまぶしの味を変えずに完食するのと同じです。

じゃあどうしたらいいの?

という方に提案です。
宿泊のコースにすると、あらゆる点で改善されます。
そうすればたくさんの人と時間をづらすことができますし、時間にゆとりを持つことができます。

ここからは、宿泊コースのメリットとして紹介していきます。

④どうせ行くなら、宮之浦岳-縄文杉縦走を!

宮之浦岳-縄文杉縦走とは、2つ日間に分けて違う登山口から島の中央部を縦に渡ることです。

例えば僕が経験したコースの場合

図の真ん中下にある淀川登山口から宮之浦岳山頂を経由し、新高塚小屋に宿泊、翌朝縄文杉を見て、図の右中央にある荒川登山口に帰ってくる。
と言うコースになります。

このコースだと、混雑もなく時間にも余裕ができるだけではなく、同じ景色を見ることがありません。


登山中の景色はもちろん。

屋久島の山でしか見れない岩が見れたり。

そして何より、九州最高峰1936メートルの宮之浦岳山頂からの景色を眺めることができます。

九州最高峰なので簡単に登れるというわけではないですが、チャレンジするには丁度いい難易度だと思います。
※冬は雪が積もるので、お気をつけて

縦走をする体力に自信がないという方は、縄文杉の1泊2日ツアーでもいいと思います。

⑤星空が綺麗すぎる

山小屋に泊まる時、必ず観て欲しいものがあります。
それは、星空です。

街灯がない山ですから、もちろん外は真っ暗。

空には、たくさんの星が映し出されます。


実際に撮ったものではないので、イメージですが。
これに近いぐらい観れました。

僕は星が観えすぎて、笑ってしまいました。
もちろん天候や月の関係もあるので、その辺は運もあります。

ぜひ一度、この星空は見て欲しいものです。

⑥朝日を浴びる縄文杉が絶景

宿泊コースで一番楽しみにして欲しいのは、朝日を浴びる縄文杉です。

これを観ずに帰るのは、もったいなさすぎる
と思うぐらい観て欲しいです。

この景色を見るためには、朝日前に縄文杉に辿り着く必要があります。
今回は日の出が6時半頃で、新高塚小屋から縄文杉まで約45分だったので、余裕を見て5時半に出発。

真っ暗なので、とにかく足元を気にしながら歩きます。

しばらくすると、明るくなってきます。

日の出を感じるのも、いい気分です。

そうこうしているうちに、縄文杉の観望デッキにつきます。
暖かいコーヒーを飲みながら待っていると。

朝日のスポットライトが、徐々に当たっていきます。

まるで、朝日が縄文杉に挨拶をしているようでした。

15分ほどすると辺りも明るくなり、よく見る縄文杉の表情になります。

たった15分ぐらいしか見れない景色です。

またこの時間は人も少ないので、ゆっくり観ることができます。
そんな簡単にいけない場所ですから、たっぷりと堪能しておきたいですね。

⑦こんなところで?世界一美味しい朝食

縄文杉を思う存分観た後、思わぬ出来事が。。
縄文杉から少し下ったところで、ガイドさんが朝食を作ってくれていました。

縄文杉を観て感動している最中ですし、何より

ここ、世界遺産の中ですよ

そりゃ〜
美味しいですよ。
少し肌寒い朝に、暖かい朝食にスープ。
最後にはコーヒーまで。

至れり尽くせりです。

まとめ

というわけで、上記の理由から日帰りではなく宿泊のコースをおすすめします。

とはいえ屋久島はたくさんの魅力がある島ですから、他にも行きたいところはあると思います。
ご自身の計画と体力に相談しながら、なかなか観ることのできない縄文杉を満喫してください。

【登山初心者必見】九州最高峰、宮之浦岳(屋久島)登頂に46106歩で達成!登山初心者が無謀にも挑んだ、宮之浦岳−縄文杉縦走とは?前のページ

関連記事

  1. おすすめの〇〇

    【世界一周希望者必見!】後悔する前に見ておくべき動画7選

    100日間の旅なんて、準備しすぎるぐらいでちょうどいい。始まってみて、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




  1. ブログ

    【大公開】2泊3日・沖縄大満足の旅!
  2. ピースボート

    海外おすすめ ベスト5〜世界4周経験者が明かす もう1度行きたい場所〜第1位
  3. 今日の30秒

    今日の30秒〜リカレント教育〜
  4. おすすめの〇〇

    【登山初心者必見】九州最高峰、宮之浦岳(屋久島)登頂に46106歩で達成!登山初…
  5. 今日の30秒

    今日の30秒〜うどん鷄〜
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。