ピースボート

【これを見れば丸わかり】ピースボートクルーズ・オプショナルツアーの手引き!

ピースボート地球一周の船旅で、ほとんどの方が寄港地を楽しみにしていることと思います。

クルーズ出発の約10ヶ月前にオプショナルツアーが発表になり、申込者全員にオプショナルツアーの冊子が届きます。
130ページ程のこの冊子に、ピースボートクルーズの魅力が詰め込まれています。
今回は、オプショナルツアーの冊子を解説したいと思います。




各クルーズのおすすめツアーに関しては、こちらから。

2018年12月出発の第100回クルーズはこちら↓

2019年4月出発の第101回クルーズはこちら↓

SDGs

まず初めに知っていて欲しいことがあります。
現在使用してる客船の甲板には、こんなロゴが描かれています。
※PEACEBOATの左側の丸いロゴ

これは国連が採択した、持続可能な開発目標SDGsのロゴです。

SDGs
Sustainable Development Goals の略称。
2030年までに達成したい17つの開発目標
1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.全ての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
8.働きがいも、経済成長も
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任、つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
16.平和と公正を全ての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう

見にくいかもしれませんが、それぞれに色がつけれれています。

ピースボートは国連の特別協議資格を取得しており、SDGsのキャンペーンシップとなっています。
世界中の船の中で、このロゴを掲げ動いている船は、ピースボートだけなんです。
オプショナルツアーでも、この中からテーマにして作っているものがあります。

該当するツアーにはそのマークが記されています。
例えば

これは12番について

これは1と4番について。
わかりやすいので、選ぶ際は何について考えるツアーなのかがすぐにわかります。
『へ〜普通の観光だけのクルーズとは違うんだ〜』
というのを頭の片隅に、ぜひ置いてください。





ではここから、オプショナルツアーの申込にあたって

ツアーを申込ためには

そもそもツアーを申込するには、必ずしなければならない2つのことがあります。

1・クルーズへの申込

※これをしないと冊子は届きません

2・申込金の入金

※船賃の5%以上の入金が必要になります

ま、これはおわかりですね。

申込書の提出

まずは、1寄港地に10種類近くあるツアーの中から1つ選びます。
※オススメのツアーに関しては、別で案内してます。


この用紙(101回バージョン)の

寄港地の、ツアーのアルファベットに◯をつけてください。
あとはFAXで送るだけ!
簡単でしょ?

※注意点※
FAXに慣れていない方で、裏返しに送ってしまう方が稀にいます。
この時代にそんな人いるの?
とつぶやいたあなたも、もしかしたらやってしまうかもしれませんよ。
そういうのしちゃうんだよね〜
方も、ご安心ください。


このように、裏面に名前と申込番号の記入さえしておけば間違った時でも安心です。

人気のツアーは毎回すぐにキャンセル待ちになってしまいますからね。
FAX番号は

0120−880334

受付開始日を忘れず、かつ焦らずに送ってくださいね。

今からでいうと、101回クルーズの受付日(2018年9月19日)が一番近いですね。
100回クルーズに関しては、すでに受付を開始しています。

ツアー代金の支払い

予約手続き完了後、請求書が郵送されます。
記載されている支払期日までに入金が必要になります。
※発効日から20日が目安で、入金確認が取れない場合、取り消しになることがあります。

また、入金する口座は三菱UFJ三井住友みずほの3行から選ぶことができます。
振込口座は、請求書をご確認ください。

受付後の変更やキャンセル

早い人では7か月前に申込みするわけですから、必ず行けるとは言えませんよね。
気分も変わりますし。笑

ツアーによっては違う場合もありますが、クルーズ出発後、船内での変更やキャンセルも可能です。

なので、自由行動か悩んでいる寄港地も、一旦はツアーを取ることがおすすめです。
人気のツアーは、すぐにキャンセル待ちになる可能性があるので。

キャンセルチャージが発生するタイミングに関しては、各ツアーでご確認ください。

船内での受付

よくある質問ですが、オプショナルツアーは船内ので受付や変更が可能です
出発前、約1ヶ月と10日を目安に、一旦陸での受付や変更が終了になります。
その後は出発後、船内にレセプションにて、受付が可能です。

寄港地の情報

受付に関しては、ご理解いただいたと思います。
次は、ツアーの選び方に関してです。
1寄港地に、10種類近いツアーがあるので、悩むかもしれません。
ですが、皆さんの好みに合わせて選ぶことができます。

まずは寄港地名が乗っているページを要注目!

例えば101回クルーズのシンガーポールだと。

このようになっています。

日付や入港、出港予定時間、平均の最高・最低気温が書かれています。
これにより、時間内にどこまで、どういった服装で過ごせるのかがわかりますね。
船内には帰船リミットという門限のような時間が定められます。
その時間までに帰って来なければ置いていかれます。
※だいたい出港の1時間前に設定されることが多いです。
時間を十分に考え、行動しましょう!

どの寄港地でツアーを取った方がいいのか

これは、写真の港から街まで。
部分にご注目ください。

⭐️マークが付いていますよね。
この⭐️の数によって、自由行動がしやすいのか、ツアーを取った方がいいのかがわかります。

⭐️・・・・・自由行動がしやすい
⭐️⭐️・・・・ツアーがおすすめ
⭐️⭐️⭐️・・・ツアーを取ってください

となります。
これは、治安や交通の便をもとに記載されています。
なので、この写真に写っているシンガポールは自由行動がしやすいとなりますね
行きたい世界遺産や街によっては、自由行動では厳しかったりします。
その都度ご確認ください。

ツアーの内容

どのツアーがどういう内容なのかは、ツアー記号(シンガポールAとか)の横を見たらわかります。

この色が付いているものが、このツアーの内容になります。
つまりこの場合
観光をメインとしており、ツアー中に世界遺産が観れる。
というわけです。
かくマークについて、簡単にお伝えしますと。

観光・・・・・観光の見所を訪れる
交流・・・・・現地の方と、身振り手振りでコミュニケーションをとりながら街歩きなどをする
見聞・・・・・見聞を広める
検証・・・・・社会問題や歴史などを、専門家の案内で学ぶ
世界遺産・・・世界遺産が観れる
👟・・・・・・長い距離の移動があり、履きなれた靴の用意が必要
体力・・・・・体力を使うため、普段から動いている人におすすめ
歩行少なめ・・通常のツアーより歩行が少なく、体力に自信がない方におすすめ
✈️・・・・・・ツアー中に飛行機やヘリコプターを使用
OT・・・・・・船を一時離脱し、陸路や空路で先の寄港地で合流する。1週間程度の工程
👙・・・・・・海水浴などで、水着を必要とする

という感じです。
他にも、子ども連れの方にもおすすめや、車椅子や歩行補助器の利用者にもおすすめ、というツアーもあります。

泳げないのに、海水浴のツアーを取ってしまった!

交流したいのに、観光ばっかり!!!!!

とはならないようにしましょうね。笑

交流・見聞・検証コースはピースボートのネットワークだからこそ可能にしているのがあります。
1度行ったことがある場所や、行きたい所ない場合は、特に選んでみてください。

どうせ行くならピースボートでしか出来ない経験を!




気になる予算は・・・

これはよく聞かれる質問ですが、平均だと30〜40万円だと言われています。
ですがツアーの予算は差がすごくあり、かける人は100万円以上ですし、10万円以内に抑える人もいます。
予算を抑えたい方は、⭐️が少ない場所は自由行動すると抑えられますよ!
なので、まずは冊子をゆっくり見て、ご自身にあった予算を組んでみてください。

最後に

各クルーズのおすすめツアーに関してはこちらをどうぞ。

ノープランの旅が好き。という人もいるかと思いますが、
一生に一度しか行かない場所かもしれない。
という所もあると思います。
僕自身も、もう来ないんだろうな〜と思うような場所にも行ってきました。
なので事前にしっかり調べて、選んで欲しいと思います。

ツアーの冊子を読むだけでも結構楽しめますから、是非一度、ゆっっっっっっくり読んでみてください。

関連記事

  1. ピースボート

    世界一周して人生変わりますか?

    この質問、よく聞かれるんです。なので今日は、世界一…

  2. ピースボート

    海外おすすめ ベスト5〜世界3周経験者が言う もう1度行きたい場所〜

    地球3周、40か国以上を旅した中でもう一度行きたい…

  3. ピースボート

    【奇跡の出会い?】旅先で訪れる、広いようで狭い、つながりの話

    〜ピースボートスタッフの日常〜①ピースボートのスタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




  1. ピースボート

    海外おすすめ ベスト5〜世界3周経験者が言う もう1度行きたい場所〜 第2位
  2. ブログ

    この夏見て欲しい、イシキが変わる映画!
  3. ピースボート

    ピースボートの7不思議 〜93回クルーズ1周年パーティーに参加〜
  4. ブログ

    【1度は見て欲しい】沖縄のおばあが語った、命ど宝とは
  5. ブログ

    【え?まだ行ってないの?】都会のオアシス等々力渓谷
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。