今日の30秒

今日の30秒〜封じ手1500万円〜

現代人が1日に得る情報量は、江戸時代の1年分であり、平安時代でいう一生分
とも言われています。

今を生きる私たちは、それだけたくさんの情報を見聞きし、処理しています。
なんとなく通り過ぎる情報の中に、イマイチわかっていないけど、よく見かける単語。
というのがいっぱいありますよね。

数多く触れるキーワードの中で、本日特に、僕の目に止まった1ワードを30秒(150〜200文字)で解説していこうと思います。

本日のワード

封じ手1500万円

封じ手とは将棋用語で、よく使われるそうです。
今回の記事は、大注目の藤井聡太二冠(二つのタイトルを持っているという称号)に関する事でした。

勝負飯などはよく耳にしていたのですが。。。
果たして封じ手とはどんな意味なのでしょうか。

早速、見てみましょう!

〜藤井二冠・封じ手1500万円〜
日本将棋連盟がヤフオクにてオークションを行い、藤井聡太二冠が王位を奪取した第4局の封じ手が1500万円で落札された。
落札された金額(合計)は、九州豪雨被災地への支援活動に使われる。
封じ手とは、日をまたいだ対局の際に、その日最後の一手を紙に記入し、封筒に入れて封をすること。
翌朝の対局は、記入した手を指すことから再開される。

僕は長らく将棋を指していませんが、日をまたぐ対局など、もちろん経験ありません。
プロ棋士同士の対局が日をまたぐことは知っていましたが、どのように中断するかは初めて知りました。

最後の一手を指して終わればいいのに。

って僕は思いました。
そうすると、次に指す棋士が一晩考えられますよね。
将棋は考える時間が制限されています。

なので、封じ手にして、持ち時間の不公平をなくすためだそうです。

ちなみにこの封じ手、通常では二通作成し、立会人と対局会場それぞれ一通ずつ保存されるのですが。。。

対戦した木村九段提案により、今回は三通作成し、一通をチャリティーに使った。

いくら歴史的対局だったとしても、紙に1500万円は・・・

高すぎでしょ!

九州豪雨の被害も、忘れてはなりません。

今日の30秒〜アイドル判事・死去〜前のページ

今日の30秒〜リカレント教育〜次のページ

関連記事

  1. 今日の30秒

    今日の30秒〜ゾンビ企業〜

    現代人が1日に受ける情報量は、江戸時代の1年分であり、平安時代でいう一…

  2. 今日の30秒

    今日の30秒〜うどん鷄〜

    現代人が1日に得る情報量は、江戸時代の1年分であり、平安時代でいう一生…

  3. 今日の30秒

    今日の30秒〜ミレニアル世代〜

    現代人が1日に受ける情報量は、江戸時代の1年分であり、平安時代でいう一…

  4. 今日の30秒

    今日の30秒〜デバイスフィンガープリント〜

    現代人が1日に受ける情報量は、江戸時代の1年分であり、平安時代だと一生…

  5. 今日の30秒

    今日の30秒 ~危険なバス停・全国に7325カ所~

    現代人が1日に受ける情報量は、江戸時代の1年分であり、平安時代だと一生…

  6. 今日の30秒

    今日の30秒 〜台風一過〜

    現代人が1日に得る情報量は、江戸時代の1年分であり、平安時代でいう一生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




  1. ブログ

    必見!ピースボートの情報が、YouTubeで!
  2. 今日の30秒

    今日の30秒 〜共働きで、子育てしやすい街ランキング2020〜
  3. 今日の30秒

    今日の30秒〜うどん鷄〜
  4. ブログ

    【そうだったのか!】先輩がピースボートを辞めた理由(ワケ)
  5. おらのこと

    【プロフィール】世界一周から程遠い島を飛び出した、戸田良明の歩み
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。